最近急に動向が慌ただしき鳴ってきた阪急京都線。
勿論その張本人は、立て続けにに2本も投入された1300系1308×8Rと1309×8Rです。
その影響で5321×8Rが7Rとなり、玉突きで3327×7Rが運用離脱となりました。

・・・とはいえ1308×8Rの置き換え分は完了しても1309×8Rの置き換え分がまだというのなら、今からでも間に合うのでは?ということで2日に分けて3300系を中心にさくっと回収してきました。


10月9日

3325 HK88

3325×7R 普通大阪梅田行

この日は下新庄で3300系7連2編成を回収するだけの日でした。
まずは、2013年以前の7R組の中で何かと人気の3325×7Rです。
直近の検査出場は2016年12月、割ときわどい感じです。



3318 HK88

3318×7R 普通大阪梅田行

こちらもかなりの変わり者、組成当時「寄せ集め編成」とも呼ばれていた(?)3318×7Rです。
直近の検査は2016年10月、3325×7Rより僅かに先に通っていますが上には上がいるようで・・・。
若干色褪せている程度のようですが。


10月16日

3311 HK88

3311×7R 普通大阪梅田行

この日も下新庄からスタート。
今いる3300系7Rの中では割とまともな組成の3311×7R、直近の検査が2018年9月と比較的きれいな状態ではあります。



3330 Mina

3330×7R 普通大阪梅田行

場所は移り、南方~崇禅寺間の踏切。
側面にも光線が当たり始めた頃、今注目を浴びているもう一つの6M1T編成の3330×7R。
3327×7Rが運用離脱したこともあって、単純に6M1T編成を排除するために1300系の数を揃えた、と言う解釈も出来なくはないですが気になってしまうものです・・・。
とはいえ3330×7Rの記録だけがすっぽ抜けていたため、記録できただけ満足です。



3314 Local

3314×7R 普通大阪梅田行

これこそが京都線で一番(?)の色褪せ編成、3314×7Rです。
直近の検査も2016年5月、貫禄すら感じさせます(爆)
前面フックが何よりの特徴であるこの編成、果たして検査は通すのか・・・?



おまけ

8315 LTD

8315×8R 特急大阪梅田行

おまけとして副産物を2枚ほど・・・
この日は特にロン特が多かったようで、なんと立て続けに3本も入るという事態に。
その中でもインパクト抜群だった8315×8Rなのでした。



8300 Semi

8300×8R 準急大阪梅田行

30周年復刻デザインの8300×8Rも来月まで、タイムリミットも差し迫る中上手いこと来てくれました。
秋になって日が沈む時間も早まって色々大変ですが、そろそろ写真メインから音メインにシフトしていく時期です。
忙しくなっていく中で如何に回収していくかが課題ですが、なんとか頑張ります・・・汗




前ブログに引き続き「鉄道コム」に参加することにしました。
見終わりましたら下のリンクをポチッとお願いします。

https://www.tetsudo.com/blog/



前回は大浪通を通る87号系統のお話でしたが、今回はもう一つの大浪通経由の系統・98号系統をご紹介することとします。
しかし、この系統の歴史を紐解いてみると、度重なる路線再編の動きに巻き込まれかなりややこしいことになっていたようです・・・。


Osaka TR1029 98taisho

【98】[新千歳]大正区役所前行き
三菱ふそう CNGエアロスター KL-MP37JK改
酉島営業所所属 57-1029号車(2007年式)

今回初めて他営業所との共同運行路線を紹介しますが、鶴町営業所が持つ共同運行路線は専ら酉島営業所とのペアとなっています。
98号系統はドーム前千代崎・大正橋から大浪通に入り、泉尾一丁目、新千歳、済生会泉尾病院前を経由して大正区役所前に至るかなり短い路線です。
本数には若干の変動がありますが、日中1時間に1~2本、朝夕は1時間に3~4本と87号系統と合わせてそこそこの高頻度運転となっています。
大正通を通らないにもかかわらず、営業係数は鶴町営業所の中でも2番目に良い成績(営業係数75、2017年度)を誇ります。

2014年からは同じくドーム前千代崎発着の51号系統「弁天町駅前経由天保山行き」との連結運行を、酉島営業所担当便に限り開始しました。
連結運行というのは、ドーム前千代崎に到着した98号系統が終点扱いとせず、そのまま51号系統として天保山へと向かう仕組みです。
勿論その逆も然り、乗客は引き続き乗車して天保山方面に行くこともできます。
裏を返すと、終点のドーム前千代崎で降車する際は降車ボタンを押さなければならないため、なかなかややこしいシステムになっています・・・。



Taisho-bashi

(系統番号は自作しました・・・汗)
こちらは大正橋バス停の乗り場一覧ですが、これが後述する98号系統の経路改変の歴史を紐解く鍵となります。

まずは南行の1~5番のりばを見ていきますが、日中を基準に考えていくと以下のような分類ができます。

【1】:大浪通(泉尾一丁目・新千歳)経由・・・【87】【98】

【2】:大正通(南泉尾・大運橋通)経由の鶴町四丁目行(各停)・・・【71】【90】【91】

【3】:千島団地・小林公園前経由・・・【94】

【4】:西船町行(各停)・・・【70】

【5】:地下鉄住之江公園行・・・【76】

ご覧の通り経路別・行先別に乗り場が分けられており、特に乗客の多いこのバス停の待機列分散が実現されています。
これに【70急行】と【91急行】を同系統の各停便と被らないように配置すると画像のような配置になります。
98号系統の発着する1番のりばは他の乗り場と違ってJRの高架を挟んだところにありますが、特にこれに深い意味は無さそうなので割愛します。


一方で、北行の6~9番のりばは完全に行先別で分けているタイプですが、それがなかなか変なことになっています・・・。

【6】:ドーム前千代崎行・・・【98】

【7】:なんば行・・・【71】【87】

【8】:野田阪神行・・・【90】

【9】:ドーム前千代崎行・・・【70】【76】【91】【94】

同じドーム前千代崎行なのに98号系統だけ隔離された状態になっています。
他のドーム前千代崎行は9番のりば(実質的に降り場)、しかし98号系統だけ9番のりばをすっ飛ばして6番のりばで客扱い・・・
そう、この「6番のりば」に98号系統の”散々振り回された”歴史が詰まっているのです。


かつて98号系統は「大正区役所前~大正橋~玉船橋~弁天町バスターミナル」を結ぶ、今でいう現行の98号系統と51号系統の一部をドッキングしたような経路を辿っていました。
尚、この当時からドーム前千代崎発着の大正区役所前行(現在の98号系統のルート)が無かったわけでなく、当時の大阪市バスの常套手段であった「区間運行」と言う立ち位置で、「98A号系統」として運行されていました。
担当営業所も酉島や鶴町ではなく、2013年に廃止となった港営業所となっていました。

2010年辺りまでは先述した2つの経路の他にも「新千歳止め」の便も存在していたようですが、それ以降は98,98A号系統の2本体制で運行されていました。
しかし2012年にダイヤ改正が行われ、98A号系統が独立して74号系統に変更。
74号系統は平日と土曜の朝夕限定の便として、引き続き98号系統を補完する役目を果たすこととなりました。
でもこの体制は長くは続かず、翌年には港営業所の廃止に伴い鶴町営業所と酉島営業所がその跡を引き継ぎ、さらにその1年半後の2014年9月には遂に弁天町バスターミナルが閉鎖となるのです。
そこで、従来「弁天町BT~大正橋」の区間を98号系統が受け持っていた代わりに、「弁天町BT~第一突堤前~天保山」を結んでいた51号系統をドーム前千代崎に延伸する形でバトンタッチ。
98号系統は現在の運行経路に短縮される代わりに、一部の便を51号系統との連結運行を行うことになりました。
それと同時に74号系統は98号系統に名称変更、消滅しました。


Taisho-6789

以上を踏まえると、大正橋6番のりばはかつて「弁天町BT行の乗り場」として機能していたことが分かります。
74号系統が存在していた当時は、その74号系統とも棲み分けが為されていたため特段矛盾が発生するということは無かったのですが、74号系統無き今このような「2つのドーム前千代崎行の乗り場」が存在しているのです(まあ乗る人誰もいないと言っちゃったらオシマイなんだけど)。
とはいえ現在のような連結運行があることもあってか、昔の名残としてこのような配置にしていると思われます。



長くなりましたが以上です。
一つの山を越えた気がするので、多分更新頻度落ちます(おい)

前回は鶴町四丁目~なんばを結ぶルートのお話をしましたが、今回は同じ起終点でありながらも少し変わった経路で結ぶルートをご紹介することとします。
そう、2回目でチラッと記述したアノ系統です。



Osaka TM827 87namba - コピー

【87】[千歳橋]なんば行き
日野自動車 ブルーリボンⅡ PJ-KV234L1
鶴町営業所所属 36-0827号車(2006年式)

鶴町営業所専属のルートの中では珍しく大正通をほとんど通らず、大正区西側の大浪通を通り千歳橋を渡る71号系統のサブルート的な系統です。
日中は30分に1本と決して少なくはなく、なんば~鶴町四丁目の所要時間が71号系統で34分なのに対して、87号系統は驚くなかれ32分!
しかも、終点鶴町四丁目バス停のすぐ北側には「鶴町四丁目北」というバス停があり、余計に速く感じます。

中津営業所と住吉営業所を除き、主要駅と車庫を結ぶ路線にはメインとなるルートとサブルートとがセットになっているケースがあります。
井高野の37号に対する93号、守口の34号に対する78号、酉島の56号に対する59号と43号、住之江の4号に対する3号、そして鶴町の71号に対する87号となっていますが、大体サブルートとなる系統は所要時間が長くなりがちです。
そういう意味でもこの87号系統、「優秀すぎるバイパス路線として」かなり異端な存在です。



Chitose
(千歳渡船の船の上から撮影)

この系統の特徴は何と言っても長大橋・千歳橋を渡るという点。
勿論橋の両端以外には信号がなく、バスはアクセル全開で橋を高速走行します。
以前にも紹介した72号系統と同様に、大きな橋を渡るという大きなアイデンティティがあることから、72号系統共々方向幕に経由バス停ではなく”経由する橋”が表記されています。
なお、なみはや大橋も千歳橋も自転車で渡れます(なみはや大橋の袂には渡船なんてものはありませんが)。




Osaka TM819 87tsuru - コピー

【87】[千歳橋]鶴町四丁目行き
日野自動車 ブルーリボンⅡ PJ-KV234L1
鶴町営業所所属 36-0827号車(2006年式)

2014年までは108号系統と名乗っており、2003年の千歳橋開業前までは千歳橋が終点となっていました。
こんな中途半端な場所が終点になっていたのもかつて大浪通に市電が走っていた名残で、後付けのような形で71号系統のサブルートという属性が付加されました。





次回はそんな87号系統とも密接に関わってくる系統のご紹介でも・・・

↑このページのトップヘ