今のところなんとかモチベーションは維持してやってます・・・。
今回は以後お話しする内容の前提ともなり得る重要な系統のお話をここでしておこうと思います。



Osaka TM819 71namba

【71】なんば行き
日野自動車 ブルーリボンⅡPJ-KV234L1
鶴町営業所所属 36-0819号車(2006年式)

71号系統は鶴町四丁目から大正通を通り、大阪ドーム手前(大正橋)で千日前通に合流、地下鉄桜川を経由してなんばバスターミナルに至る路線です。
この71号系統こそが鶴町営業所の中でも一番のドル箱路線で、大正区から直接なんばに行けるという利便性もあってか日中1時間に6本以上も確保されています。
尚、この系統には急行便は設定されていないため、朝夕ラッシュ時間帯は以前に紹介した急行便を補完する役割を果たしています。
以下に主な経由地を記載しておきます。

[なんば]-[JR難波駅前]-[地下鉄桜川]-[大正橋(大正駅前)]-[三軒家]-[南泉尾]-[大正区役所前]-[中央中学校前]-[大運橋通]-[鶴町二丁目]-[鶴町四丁目]



Osaka TM1417 71namba

【71】なんば行き
いすゞ エルガ PDG-LV234L2
鶴町営業所所属 19-1417号車(ゼブラバス復刻)(2009年式)

鶴町営業所の中でも特に需要の高い路線のため、なんば行き始発は鶴町四丁目午前5:22発、鶴町四丁目行き終車はなんば午後11:59(いずれも平日)とシティバスの中でも一二を争うレベルです。

この系統以外にも大正通には多くのバスが行き交いますが、そんな需要の大きい路線だからこそ定時運行は気になるところです。
そこで当時の大阪市交通局は2004年に鶴町二丁目~三軒家の間で「公共車両優先システム(PTPS)」を導入し、専用バスレーンとともに高密度区間の定時運行を支えています。(いまざとライナーよりも余っ程BRTらしく見えるのは公然の秘密)
それ以前にも大正通では1988年より都市新バスシステムとして「グリーンエースⅡ」が導入されており、かつてのグリーンエース対応車は幕が緑地に白文字という異彩を放つ存在だったようです。
その証拠に、大正通のバス停は屋根あり・壁ありのテラス形という豪華仕様となっており、路駐防止のためバス停部分が歩道から張り出して設置されている特徴があります。




次回に続く・・・(はず)

昨日に引き続き鶴町営業所をピックアップする企画ですが、2回目にして鶴町営業所の中でもかなり特異な路線をご紹介することとします。



Osaka TM660 72tsuru

【72】[なみはや大橋]鶴町四丁目行き
いすゞ エルガ KL-LV280L1改
鶴町営業所所属 15-0660号車(2005年式)

72号系統は鶴町営業所のある鶴町四丁目から、鶴町地区の西側に架かる長大橋・なみはや大橋を渡って地下鉄大阪港、天保山を結ぶ短い路線です。
鶴町営業所のもう一つの拠点となる天保山操車場と鶴町営業所を最短経路で結ぶルートであるため、バスの入出庫の間合い便としての特色も強くなっています。

本数は基本的に1時間に1本ですが、入出庫に合わせて本数が増えピークは鶴町方面行20時台の3本。
しかし間合い便の宿命からか、中津営業所の出庫も兼ねる41号系統と同様に営業係数ランキングではかなり下の方になっていました。
まだ綿密な調査はしていないものの、少なくとも平日の日中の車内は閑散とした様子でした。

2013年までは鶴町四丁目発着ではなくドーム前千代崎発着(大正通経由)として運行されており、受け持ちは鶴町営業所ではなく港営業所でした。
その当時は鶴町南公園バス停(2013年10月新設)がなく、第一突堤前から鶴町二丁目までの2.6kmの間ノンストップで運行されていました。
尤も、現行ルートの第一突堤前~鶴町南公園でも2.4kmはあるので然程変わらなかった感じですね・・・。
しかし、同年3月末をもって港営業所が廃止となって鶴町営業所受け持ちの路線となったと同時に、運転区間は天保山~鶴町四丁目に短縮されました。


Namihaya

この系統の何よりの特徴というのが、鶴町地区と築港地区を結ぶ長大橋であるなみはや大橋を渡るということです。
1995年に開通した全長1740m、高さ47mの橋で、2014年までは歩行者・自転車を除いて通行料金が取られていました。
この72号系統も料金所ゲートを通過していましたが、別途バスの運賃には全く上乗せされませんでした。

この付近は港湾施設が多く大型船が頻繁に通るため、このような高さに橋が設けられました。
そのため両端はかなりの急勾配となっており、上りはアクセル踏みっぱなし、下りはエンジンブレーキ掛けっぱなしと、平坦区間の多いシティバスではなかなか味わえない迫力走行が楽しめます。


Namihaya-Hommachi
(なみはや大橋から梅田・本町方面を眺める)

眺望が良く、夕景や夜景も楽しめるスポットとして有名です。
バスに乗っていても眺望の良さは変わらず、晴れていると摂津や六甲の山々の稜線がハッキリと見えます。


Namihaya-Chitose
(なみはや大橋から阿倍野方面を眺める)

逆に東の方向を見てみるとあべのハルカスや生駒山・金剛山の稜線が見えます。
その手前には大正区に架かるもう一つの長大橋・千歳橋が見えます。
千歳橋もなみはや大橋に次ぐ長大橋で、やはり両端はかなりの急勾配、この橋を通る87号系統もまたアクセルべた踏みで坂を登っていきます(この事に関しては別記事で後述)。



続く・・・・・・三日坊主にならない限りは()

夏休み中は予期せぬスケジュールでブログ書く時間が全然確保できませんでした。
この場を借りてお詫びします。

さて、今秋からはまたまたシリーズ化できるほど続くか分からないシリーズ企画、大阪シティバス鶴町営業所をピックアップして運行系統をご紹介していきます。


Osaka TM531 E91tsuru

【91】[急行] 鶴町四丁目行き
日産ディーゼル 西工96MC KL-UA272KAM
鶴町営業所所属 74-0531号車(2004年式)

91号系統は長堀鶴見緑地線のドーム前千代崎駅から大正通を通って、大正区南部の鶴町四丁目を結ぶ路線で、以後ご紹介する鶴町営業所が受け持つ運行系統の基本となるルートです。

ドーム前千代崎を出るとすぐに大正橋(大正駅前)でJR環状線と接続、ここからひたすら大正通を南下していきます。
国道43号線・阪神高速17号西大阪線とクロスして大正区役所、中央中学校前を通り、大運橋通で西に向きを変えます。
昌運橋を渡ると鶴町地区に入り、鶴町二丁目を出て北に向きを変え鶴町四丁目に至ります。
丁度鶴町四丁目付近が大正通の終点で、そこにはシティバスの鶴町営業所があり日中でもひっきりなしにバスが出入りしています。

今回ご紹介する急行バスは平日朝夕ラッシュ時間帯に運行される系統で、以下のように大正橋と大運橋通の間を急行運転します。

[ドーム前千代崎] - [大正橋] -(通過)- [大正区役所前] -(通過)- [中央中学校前] -(通過)- [大運橋通] -【各停】- [鶴町四丁目]

北行南行問わず多くの便が運行されており、先行する各停便を次々と追い抜いて速達性を確保しているのが大きな特徴です。
急行バスの時間帯は急行:各停が1:1、もしくはそれより急行便の比率が大きい場合もあったりします。
大正通の沿線には多くの工場・港湾施設があり、その通勤需要のためにも朝の鶴町方面行・夕方の大正橋方面行も多く運行されています。
勿論鶴町地区には市営住宅を始めとする多くの家々が立ち並んでおり、その通勤需要にも応えているため北行南行に依らずひっきりなしに急行便が運行されているのです。
BRTではないものの、いまざとライナーのような都市型BRTの先駆けとも言えます。


Osaka TM524 E70funa

【70】[急行] 西船町行き
日産ディーゼル 西工96MC KL-UA272KAM
鶴町営業所所属74-0524号車(2004年式)

70号系統は91号系統と同じく大正通を南北に結ぶ路線の一つで、ドーム前千代崎と大正区最南端の船町地区を結ぶルートです。
大運橋通まで91号系統と同じルートを行きますが、大運橋通の交差点を直進するのが違うところです。
日中は各停便のみが30分ヘッドで、朝夕は大半が急行便として工場勤務者などの輸送を担っています。
現在でこそドーム前千代崎発着に留まっていましたが、かつては70A号系統としてなんばに直通する便も存在しました。

70号系統の急行便は91号系統のそれとほぼ同じ時間帯に運行されており、急行運転区間は以下のように91号系統と全く一緒です。

[ドーム前千代崎] - [大正橋] -(通過)- [大正区役所前] -(通過)- [中央中学校前] -(通過)- [大運橋通] -【各停】- [西船町]

ただし、朝ラッシュ時間帯に関しては91号系統より本数が多く、特に南行では91号系統が13本に対して70号系統は34本運行されています。
場合によっては70号系統急行が2~3台列を成している状態になっていることもあり、各停便からすると次々に急行便にごぼう抜きにされる光景を目の当たりにします。


70exp

側面幕を見ると、急行運転区間と停車駅(?)が明記されているため分かりやすくなっています。
LED車は停車駅こそ明記されているものの少々分かりづらくなっています。

こんなにも多くの本数が確保されているとはいえ、これら全て鶴町営業所専属の路線です。
かつて大正通には鶴町四丁目まで市電が走っており、これらに取って代わるように現在市バス改めシティバスがひっきりなしに走っています。
長堀鶴見緑地線の鶴町延伸が頓挫した今、このようなバス天国は当分の間続くようにも思われます。



つづく・・・・・・かも?

↑このページのトップヘ