鶴町営業所の路線は何と言ってもキタ・ミナミ・あべのの各ターミナルを網羅しているのが特徴で、これまでに71号系統のなんば行き、55号系統の大阪駅前行きと紹介してきました。
そして今回は「意外にも本数が少ない」とあるターミナルと鶴町を結ぶ路線についてツラツラと書いていきます。


Osaka524 TM 80

【80】あべの橋行き
日産ディーゼル KL-UA272KAM(車体:西工MC96)
鶴町営業所所属 74-0524号車(2004年式)
鶴町三丁目にて


80号系統は鶴町地区とあべの橋を結ぶ路線で、大阪三大ターミナルを結ぶ3路線(55・71・80号系統)の中では運転頻度は低く、大正橋は通らず南泉尾で国道43号線に入っていきます。
南泉尾以東は国道43号線を走り、新今宮で阪堺線の踏切を渡って(ただしだいぶ待たされる)あべの橋に至ります。
大阪市西部を弧状に貫く国道43号線ですが、意外にもシティバスが走る区間はそこまで多くはなく、80号系統の他には精々92号系統の「佃六丁目~福町」、43号系統の「福町~此花区役所」があるくらいです。
43号線自体が混むせいか敢えて経路から外しているとも考えられますが、80号系統は南泉尾以東でガッツリ43号線を走っています笑



Osaka660 TM 80tsuru

【80】鶴町四丁目行き
いすゞ・エルガ  KL-LV280L1改
鶴町営業所所属 15-0660号車(2005年式)
千島にて


運転間隔は40~60分に1本と不安定ですが、路線図で言う点線(1時間に1本もない路線)から最近になって脱却したレベルにあります。
営業係数は2017年時点で116、全86路線の中では中央値付近です。

この系統も発着する終点・あべの橋はバス停の位置が複雑怪奇、操車にも一苦労という魔境(管理人談)です。
色々言ってたらキリがないので80号系統に関わるものだけ解説しますと、まずJR天王寺駅南口の真横におりばDがあり、そこで客を降ろします。
そこから1号系統等が発車する7・8番のりばや鉄道病院バス停をもすっ飛ばし、大教大付属小の真裏にある小さな操車場に入ります(52号系統、48号系統と共用)。
そして操車場から再び天王寺駅の方向へと走り出し、近鉄の大阪阿部野橋駅真横にある10番のりばから鶴町四丁目行きとして発車していきます。
また、近鉄前交差点をやっとの思いで渡った先には西行のみ停車のあべの橋西バス停もあります。

遅延する要素には枚挙に暇がない80号系統ですが、大正区から南海電車に乗車する場合には新今宮での乗り継ぎが意外と便利です。
大正区からだと大正橋でJRに乗り換えて新今宮での乗り継ぎか、71号系統でなんばに出るかがメジャーな選択肢ではありますが、タイミングが良ければ80号系統でのルートの方がショートカットになり得ます。
まあ、「タイミングが良ければ」という文言も、本数の少ない80号系統への皮肉と言われてしまうとオシマイですけど・・・




只今ネタ(主に写真)のストックがそこそこ尽きかけております()
次回からは管理人的に気になった系統を”鶴町の路線”に限らず書いていきたいと思います・・・。