カテゴリ: 鉄道写真

最近急に動向が慌ただしき鳴ってきた阪急京都線。
勿論その張本人は、立て続けにに2本も投入された1300系1308×8Rと1309×8Rです。
その影響で5321×8Rが7Rとなり、玉突きで3327×7Rが運用離脱となりました。

・・・とはいえ1308×8Rの置き換え分は完了しても1309×8Rの置き換え分がまだというのなら、今からでも間に合うのでは?ということで2日に分けて3300系を中心にさくっと回収してきました。


10月9日

3325 HK88

3325×7R 普通大阪梅田行

この日は下新庄で3300系7連2編成を回収するだけの日でした。
まずは、2013年以前の7R組の中で何かと人気の3325×7Rです。
直近の検査出場は2016年12月、割ときわどい感じです。



3318 HK88

3318×7R 普通大阪梅田行

こちらもかなりの変わり者、組成当時「寄せ集め編成」とも呼ばれていた(?)3318×7Rです。
直近の検査は2016年10月、3325×7Rより僅かに先に通っていますが上には上がいるようで・・・。
若干色褪せている程度のようですが。


10月16日

3311 HK88

3311×7R 普通大阪梅田行

この日も下新庄からスタート。
今いる3300系7Rの中では割とまともな組成の3311×7R、直近の検査が2018年9月と比較的きれいな状態ではあります。



3330 Mina

3330×7R 普通大阪梅田行

場所は移り、南方~崇禅寺間の踏切。
側面にも光線が当たり始めた頃、今注目を浴びているもう一つの6M1T編成の3330×7R。
3327×7Rが運用離脱したこともあって、単純に6M1T編成を排除するために1300系の数を揃えた、と言う解釈も出来なくはないですが気になってしまうものです・・・。
とはいえ3330×7Rの記録だけがすっぽ抜けていたため、記録できただけ満足です。



3314 Local

3314×7R 普通大阪梅田行

これこそが京都線で一番(?)の色褪せ編成、3314×7Rです。
直近の検査も2016年5月、貫禄すら感じさせます(爆)
前面フックが何よりの特徴であるこの編成、果たして検査は通すのか・・・?



おまけ

8315 LTD

8315×8R 特急大阪梅田行

おまけとして副産物を2枚ほど・・・
この日は特にロン特が多かったようで、なんと立て続けに3本も入るという事態に。
その中でもインパクト抜群だった8315×8Rなのでした。



8300 Semi

8300×8R 準急大阪梅田行

30周年復刻デザインの8300×8Rも来月まで、タイムリミットも差し迫る中上手いこと来てくれました。
秋になって日が沈む時間も早まって色々大変ですが、そろそろ写真メインから音メインにシフトしていく時期です。
忙しくなっていく中で如何に回収していくかが課題ですが、なんとか頑張ります・・・汗




前ブログに引き続き「鉄道コム」に参加することにしました。
見終わりましたら下のリンクをポチッとお願いします。

https://www.tetsudo.com/blog/



だいぶご無沙汰しております。
個人的に様々な活動を増やしており、全然こっちにまで手が回らない状況になっていました。
まず1つは学業の面で、もう1つは音楽の面で、もう1つはバイトの面で、さらにもう1つはいな民案件で満足に鉄道に割く時間を確保することができませんでした。
さらには夏休み中に、私としては初めて東北に出かけます。
私が専攻している分野に身を置いているのであれば、必ず見ておきたいと思っていました。
そのついでで関東・沼津・名古屋にも寄り道しようとも思っています。



それはさておき、最近の管理人は207系にお熱。
体質改善工事が進んでいる現在、未更新Z編成は残り6編成、T編成でもジワジワ未更新編成が減っていっているため記録が急がれるのです。
さらには、少なくとも地元ではお目に掛かることのできない「快速運用」を撮りに行ける宝塚線や学研都市線はまさに207系のパラダイス。
というわけで先週は鴻池新田駅で207系を色々撮ってみました。



207 H5 Rapid

【快速木津行き5442M H5編成+S4編成】
まずは幸先良く207系の快速が来ます。
木津行きは1時間に2本、同志社前行きと合わせて1時間に4本と結構コンスタントに来ます。
こう見えても個人的に撮影対象に入るもので、最近になって出てきた更新車の前照灯がHIDからLEDに変わったこともあって記録しなければと思っています。

207 Z6

【普通松井山手行き4466B Z6編成+S42編成】
ここで早速未更新Zが来ました。
Z編成の体質改善工事は2014年に始まったものの、今でもこうやって未更新の姿を見ることができるとは想像できませんでした。
その後も仕様変更を繰り返し、同じZ編成なのに仕様が編成毎に異なっている状況になった今が一番面白い時期なのかもしれません。

207 T24 Shijo

【普通四條畷行き4468B T24編成+S63編成】
京橋~四條畷間の小運転・・・かと思いきや列番から見ての通り東西線直通の列車です。
たまに松井山手行きと四條畷行きの立場が入れ替わるのも学研都市線の面白いところです。

207 Z21

【普通松井山手行き4470S Z21編成+S45編成】
そんでもってこっちは京橋始発。
何が何だか訳が分からなくなってきますね・・・。
これもシレッと未更新Zなのも美味しいところです。

207 H1

【普通四條畷行き4472B H1編成+S13編成】
見た目ではほとんどZ編成とは変わりありませんが、こちらはあまり更新が進んでいないH編成です。
同時期製造のZ編成が次々と網干や吹田に入場していく中、H編成は量産車1次車(1991年12月建造、H1編成も該当)もいながらもほとんどが未更新のまま残っています。
F1編成の心配よりも、個人的にはこっちの方が気がかりです(とはいえ部品取りという観点ではZ編成を更新に回した方が良いのでしょうけど)。

207 T23

【普通松井山手行き4474S T23編成+S65編成】
何かと私が学研都市線に用があるときには2000番台がいたりするので、個人的には2000番台は地元よりかは学研都市線のヌシと思ってしまうところがあります・・・。

321 D14 Rapid

【快速木津行き5448M D14編成】

321 D16 Rapid

【快速同志社前行き5450M D16編成】

それからはというものの、快速には321系ばかりが入り、挙句の果てには普通電車までもが321系ばかりになって207系が全く来なくなる時間帯がありました。
映えるには映えるんですけど、あくまで今回の狙いは207系なので321系オンパレードは割愛させていただきます。

207 H8

【快速木津行き5452M H8編成+S46編成】
鴻池新田に張ってから1時間以上経ってようやく未更新207の快速が来ました。
欲を言うならば同志社前行きの方がよかったんですけど、悉く321だったのでね・・・。

207 Z4 R-Rapid

【区間快速同志社前行き5958M Z4編成+S35編成】
最後は区間快速で締めようと思っていたらまたまた未更新Zが来ました。
これで未更新Zの半数を捉えられたことになりますww
もう気温的にヤバかったので退散することとしました。



【オマケ】


207 S62 Snap

2019年8月9日 快速篠山口行き5519M
S62編成+T28編成

207系は、朝や夕方に日中では運行されない区間にも足を伸ばすことがあり、夕刻には篠山口まで運行される列車があります。
尼崎駅でスナップ撮りしてみました。




今回はこれにて以上です。
夏休み中のどこかでまとめて投稿できればと思っていますので宜しくお願いします。



前ブログに引き続き「鉄道コム」に参加することにしました。
見終わりましたら下のリンクをポチッとお願いします。

https://www.tetsudo.com/blog/

関西私鉄の括りでも、我々関西人にとって行きづらい存在かもしれない近鉄名古屋線。
名局車の大阪線運用が無くなった今では目にする機会も大幅に減った富吉所属の通勤車。

・・・というわけで鳥羽旅行のついでに名古屋線を撮影してきました。


1211 FC92

1200系と2430系、2410系の混成・・・・・・と言うのもまどろっこしいこの編成は名古屋線名物、FC92編成です。
いっちょまえにトイレ(但し和式)が付いているので急行運用で日々名伊間をひた走ります。
後ろにくっついているのは9000系、2両毎に屋根形状が違っているのが何とも面白いです。


12255 N55

名局では唯一の2両スナックのN55編成。
現在ACEの2連がリニューアルを受けていく中で数少ない喫煙ルームの無い2両編成特急車となるこのグループ、扱いづらくなるのは目に見えているのですが今後も使い続けるようで・・・。



2626 X26

これも名古屋線にしかいない丸屋根LC。
被りギリギリのところで回避出来た一作です。



5160 VX10

VX天国名古屋線には大阪線ではまず見かけない後期ロットの5200系が走っています。
5209系は補助電源装置をMGからSIVに変えただけの形式、芸が細かいというか何つーか・・・・・・
後ろには名古屋線最古参級の1810系がくっついています。



23603 iL03

箸休めに普段からよく見るISLをば。
案外名伊ルートは近鉄特急の中でも稼ぎ頭のようで、関東方面から伊勢へ行く人が新幹線から乗り継いでコレを利用するとか。
本数の多さも手伝ってか、名四・名津間の移動でも重宝されています。



2811 AX11

見た目では上の2610系とはほとんど見分けが付かない2800系ですが、窓の大きさ・位置が違っています。
とはいえ2800系は元々ロングシート、後ろの通勤車とは窓位置が揃っています。



30200 V+AL 0165

夕方になってくると名阪特急屈指の珍運用、ビスタを使用した165レが登場します。
大局ではビスタが8両編成以上の運用に入ることが珍しく、大半が4両単品でウロウロしているのが多いです。
一方で大阪難波発でもビスタを使用した名阪特急が存在し、近鉄界隈では旧塗装が入ったりするとちょっとした騒ぎになります・・・・・・汗



5159 VX09

コレが最後の一枚となりました。
さっきのVXと同じ5209系ですが、標識灯が異なっています。




撮影はコレで終了です。
今回はこれでお開き、ありがとうございました。



【告知】

前ブログに引き続き「鉄道コム」に参加することにしました。
見終わりましたら下のリンクをポチッとお願いします。

https://www.tetsudo.com/blog/





【な~ん劇場 その2】

|c||σ.-σ||「超インスピシャウトです」

从c*•ヮ•§ ∫∫( c||^ヮ^|| メイ*σ _ σリ「・・・・・・・・・・・・・・・。」

|c||σ.-σ||「頭に、”か”のつく・・・・・・・・・・・・・・・アメリカの州」

 メイ*σ _ σリ「カリf・・・・・・」

∫∫( c||^ヮ^||「海産物のいっぱい獲れるオレゴン州!!」

|c||σ.-σ||「ぶっぶー!!ですわぁ!!」

メイ*σ _ σリ「妨害しないでください果南さん!!」

∫∫( c||^ヮ^||
「確かにヤマかけてるんだけどそのヤマが当たらないんだって!!」



【To be coutinued・・・・・・?】

現在神戸市営地下鉄では一大プロジェクトとして、既存の1000形・2000形・3000形を最新型の6000形に置き換える計画が着々と進められています。
先月16日には6000形の第一編成「第29号車」こと6129Fが運用を開始、第二編成の6130Fとともに運用に就いています。



6629

運用開始前は入念に試運転を行っていました。しかもほぼ毎日。
6000形は今までの両端にMM’ユニットを置くMT配置から、北神急行7000系に準じた先頭Tcの3M3T編成とされました。
勿論神戸市電時代から続く車番フォントも健在です。



6000 VVVF

VVVFは日立製のパワユニ部分が小さい2010年代後半の流行の形状で、勿論見た目から分かるはずは無いのですが”ダイオード部にSiC-SBD”を使用したハイブリッドSiC-VVVFとなっています。
SiC-VVVFという言葉自体ちゃんちゃらおかしいものなんですが、メーカーがこういう表現をしている以上仕方がありません。
主電動機は慣例に則って東芝製のIMになりました。
歯車比は従来車の15:98(6.53)でもなく北神急行の15:101(6.73)でもなく、まさかの15:100(6.67)。
他車でこんな歯数設定しているのは見たことが無い上、大歯車が100というのも前代未聞です。




1609

ここからは公式で発表されている廃車予定の車両を順番に載せていきます。
まずは1983年増備の1109F、2005年に電機子チョッパから2レベルのIGBT-VVVFに更新された1000-02形の片割れです。
2月末で運用を離脱した1115Fに引き続き、まもなく運用を離脱しそうな編成です。




3623

次に1992年竣工の3123F、運用開始から25年が経過しています。
しかしこの3000形にも容赦無く、2019年度で廃車になることが決まっています。
しかも後々カットボディとして保存されるということで、ホント何が起こるか分からないですねぇ・・・




3627

3000形の2次車として1994年に登場した3127Fですが、この編成ですら廃車になるということは単純に検査切れ次第での廃車ということと推測できます。
今年度廃車になる編成では最も若い編成ですが、容赦無いです。




3124-Uline

その次もまた3000形で、1993年登場の3124Fとなっています。
撮影は2017年8月、まだ三宮駅にホームドアが設置される前でした。




1602

最古参車1000-01形からは現時点最若番の1102Fが廃車となります。
補助電源装置はMGのまま変わらず、CPもHB-2000のままとかなり原形をとどめている編成でもあります。
ここまで来といて1000形の廃車が少ないというのも意外な気がしますが、ここまででGTO-VVVFの編成の廃車が通算で5編成となるため、2019年末時点で残るGTO車は1000-01形が5編成と3000形3編成の8編成。
音目的で西神・山手線を訪れる方は注意が必要です。



1611

2019年度最後の廃車となるのがこの1111Fです。
2月末に運用を離脱した1115Fのことを考慮すると搬出までには凡そ3ヶ月を要すると推測され、大凡の予想ではこの編成の運用離脱は2019年内。
しかし今後も廃車は続いていくわけで、この編成が運用を離脱する頃には2020年度の廃車予定編成が公表されると思われます。



【おまけ】

1101-Uline

2018年7月で運行を終了、先頭車が保存となった1101Fの写真を載せておきます。
竣工は1976年、1977年の開業から足かけ41年の活躍をしました。




7151

7153

こうやって淘汰されていく市営地下鉄の車両とは裏腹に、これからも活躍を続けていくのが北神急行の車両。
7000系は2015年から電気機器の更新(GTO→フルSiC)を行い、7000-A系に生まれ変わりました。
2017年からは既存の方向幕をLED方向板に交換、見た目も一新しました。
現時点で7051Fのみが方向幕、7052F~7055FがLEDになっています。

今後阪急との相互乗り入れの話も進んでいく中で、北神急行と7000系はどう翻弄されてしまうのか、今後の動向が非常に気になるところです。




今回はこれでお開き、ありがとうございました。



【告知】

前ブログに引き続き「鉄道コム」に参加することにしました。
見終わりましたら下のリンクをポチッとお願いします。

https://www.tetsudo.com/blog/




【な~ん劇場 その1】

从c*•ヮ•§「果南ちゃん理系ってホント?」

∫∫( c||^ヮ^||「まあどっちかというとそうなのかもね」

パサッ

从c*•ヮ•§「あ」

3年1組 松浦果南 「45点」

∫∫( c||^ヮ^||「あ、世界史のテスト・・・」

从c*•ヮ•§「ホント果南ちゃん理系でよかったと思うよ」



【To be coutinued・・・・・・?】

↑このページのトップヘ